学校の闇

高校の実態

【高校の実態】進学校あるある!進学校に入れば現役大学合格できる!?

進学校に入った理由は人それぞれですが、中学受験をするご家庭では、教育に関して意識が高いことは想像できます。今回は、わが子の中学受験を経験し、進学校に入った子どもの保護者として、塾講師・家庭教師の目線から進学校あるあるを紹介します。また、進学校で授業についていけないと悩む高校生へ解決方法も紹介します。
自宅学習

理解が遅い子どもの授業遅れは学校では取り戻せない!授業についていく方法は?

コロナ禍の休校で、約2ヶ月の授業の遅れが起きています。特例措置として、小学校1年生から5年生、中学1年生2年生を対象に、授業・学習遅れを2~3年かけて解消することになりました。しかし、理解が遅い子どもにとって、授業遅れを学校で解消することは、難しいのです。今回は理解が遅い子どもが授業遅れを解消する方法を紹介します。
高校の実態

オンライン授業の実態!オンライン授業のデメリットとは?【高校編】

休校措置が長引くと、子どもの勉強大丈夫かな…ほかの学校はオンライン授業が始まっているのに…とますます心配になるご家庭も多いでしょう。先行してオンライン授業が始まっている生徒たちの状況から見えてきたオンライン授業の実態と、オンライン授業の大きなデメリットについて書きました。高校生のお子さんをお持ちの方、高校生は必見です。
高校の闇

進学校の闇・実態とは?進学校に入ったから成績優秀!?【閲覧注意】

コロナ禍の影響は教育業界にも波及しています。休校措置で進学実績の高い公立進学校の対応が、学習面のサポートに手厚い学校、放置の学校に大きく分れています。進学校の本当の姿とは?進学校に進学させたいのなら、進学校の実態や闇を知っておくことをおすすめします。進学校に進学するために身につけておきたい学習方法にも触れています。
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました